前へ
次へ

家族だけで執り行う家族葬をするのであれば

近頃若い世代を中心として、葬儀は家族葬にするところが増えてきています。
家族葬をすることのメリットとしては、天国へ旅立たれた故人とのお別れの時間が、ゆっくりとできることが挙げられます。
家族とごく親しい親族の、いわば身内だけの集まりであるために、一般の葬儀のような参列者への気配りや対応が必要ありません。
そのためでしょうか、例えば、長い間看病などをした後に、天国へ旅立たれた故人を送り出す場合には、家族葬が好まれているものと推察できます。
参列者の人数が少ないということは、 葬儀にかかる様々な種類の費用が最小限で済まされるということになります。
この点が若い世代の心をとらえた、ということではないかと分析されます。
ところがこれは、よいことばかりではありません。
それにはデメリットも存在いたします。
家族葬のデメリットとして最たるものは、葬儀を知らせなかった親戚からの苦情です。
前もって手紙やハガキで知らせておけば、このような事態には至らなかったものと考えられます。
家族だけで葬儀をするのであれば、事前に、その旨を、周辺の人達に知らせておくのがとても大切な要件となります。

Page Top