前へ
次へ

家族葬での孫の対応は、喪主の決断力で

家族葬を行う場合において、故人に孫がいた場合、喪主の方は、孫の参加について悩まれる人もいるかもしれません。
孫においては、直接、一緒に暮らされていた孫もいれば、離れた場所で生活を送られている人もいるでしょう。
家族葬を行う場合は、会場も小さくなる場合もあり、孫が多ければ、会場に収まりきれない場合もあるはずです。
家族葬を行う遺族の家庭環境も様々であり、これは、葬儀を取り締まる喪主が決断しなければなりません。
一般的な考え方としては、孫の兄弟の長男や長女を代表として、参加してもらう方法もあるのではないでしょうか。
遠距離の場合は、簡単に足を運べないかもしれません。
弔電でも可能である話を伝えていれば、形として、収まる話でもあるでしょう。
絶対的な話でありませんが、家族葬は、亡くなった故人の配偶者と、その子供達と、その配偶者での参加が一般的です。
会社の多くは、忌引き休暇が定められています。
ただし、孫においては、会社によっても様々であり、ほとんどの多くは、長い日数が定められていません。
これは、社会的に認知されている内容であり、深く考えずに決断するのも無難です。

Page Top