前へ
次へ

近年葬儀の形態で多いのが家族葬です

近年、葬儀の形態で多いのが家族葬です。
家族葬を希望して実行された後にトラブルが発生するケースが続出してきています。
一番多いのが、 親族にどうして葬儀を知らせてくれなかったのかと言う素直な意見です。
家族葬にする前に、 前もって、全ての親族や関係者に手紙やメールでその旨を、知らせておくだけで、そのような事態は回避できたものと思われます。
葬儀にかかわらず、日本で生活するということは、社会的なかかわりを持つ周囲の人々との関係が一番大切です。
それを無視して、いきなり家族葬にするようでは、後々、問題が発生するのは、ある面で、当然の成り行きだということができます。
そのメリットとデメリットを十分に理解した上で、どうしても家族だけの葬儀にするというのであれば、それはそれで仕方のないことです。
ですが、今の日本で幅広く受け入れられているのは、全ての人が自由に参加できる、一般的な葬儀ではないでしょうか。
天国へ旅立たれている故人は、もはや意見を述べることはできません。
残されて私たちが、故人のことを本当に思って、最良の決断をすべきではないでしょうか。

Page Top